2006年09月21日

2006 09.21 Thu


Seesaaブログの特殊タグは、使える場所と使えない場所、そして使えるページ、使えないページがあります。

 基本的な設定タグ
<% blog.title %> ブログタイトル
<% blog.description %> ブログ概要(ブログ紹介文)
<% css.page_url(page) %> CSSのURL
<% blog.page_url %> ブログのURL
<% content_header %> ブログのヘッダー(サイトタイトル)部分
<% content_left %> ブログの左サイドバー部分
<% content_right %> ブログの右サイドバー部分
<% content_main %> メイン(記事本文)部分
<% content_footer -%> フッター(ブログの1番下)部分
<% include:変数 %> カスタマイズ不可部分
 個別記事ページ内&記事部分の基本設定タグ
<% extra_title %> 記事タイトル(PCのツールバー(青い部分)に表示される物)
<% article.page_url %> 個別記事のURL
<% article.subject %> 個別記事ページ内での記事タイトル
<% article.body_continue_text %> 追記文のつないでいる文
<% article.body_more %> 記事の続きを読む以降
<% article.createstamp |
date_format("%H:%M") -%>
日付部分(カッコ内を変更すると日付表示方法が変わる)
<% article.nickname %> 投稿者の名前(HN)
 サイドバーの基本設定タグ
<% content.title %> サイドバーコンテンツのタイトル
<% content_link.url %> お気に入りリンクのリンク先URL
<% content_link.title %> お気に入りリンクのリンク先の名前
<% content.free.text %> 自由形式の中の「自由入力欄」
 loop関連のタグ(<% loop:○○ %>〜<% /loop -%>)
<% loop:list_article -%> このページ内の記事を全部表示
<% loop:list_link -%> 「お気に入りリンク」内のリンク先を全部表示(サイドバー)
<% loop:list_category -%> 作成したカテゴリを全部表示(サイドバー)
<% loop:list_individual_
article_children -%>
この記事にもらったコメントを全部表示(個別記事)
<% loop:list_individual_article_tb -%> この記事にもらったトラックバックを全部表示(個別記事)
 if関連のタグ(<% if:○○ %>〜<% /if -%>)
<% if:page_name eq 'article' -%> もし個別記事ページなら以下のソースを有効
<% if:page_name eq 'archive' -%> もし過去ログページなら以下のソースを有効
<% if:page_name eq 'category' -%> もしカテゴリページなら以下のソースを有効
<% if:previous_article -%> もしナビバーを表示するなら以下のソースを有効
<% if:previous_archive -%> もし前記事があるなら以下のソースを有効(ナビバー)
<% if:next_archive -%> もし次の記事があるなら以下のソースを有効(ナビバー)
<% if:with_date %> もし日付を表示するなら以下のソースを有効(記事本文)
<% if:diet_log %> もしダイエットログを表示するなら以下のソースを有効
<% if:article_weather -%> もし天気を表示するなら以下のソースを有効(記事本文)
<% if:article.accept_comment -%> もしコメントをもらったら以下のソースを有効(記事本文)
<% if:individual_article.accept_
comment -%>
もしコメントを受けるなら以下のソースを有効
<% if:comment.homepage %> もしコメント者がURLを残したら以下のソースを有効
<% if:article.accept_tb %> もしトラックバックをもらったら以下のソースを有効(記事本文)
<% if:individual_article.accept_tb -%> もしトラックバックを受けるなら以下のソースを有効
<% if:style.disp_category %> もしカテゴリがあるなら以下のソースを有効(記事本文)



1. Seesaaブログ独自タグの基本文法
<% %>Seesaaブログ独自のタグです。
<% 変数 %>変数の値を表示します。
<% if:条件 %>〜<% /if %>if文です。条件分岐をします。条件が真の場合にブロック内(ifタグで囲まれた中)のHTMLを表示します。
<% unless:条件 %>〜<% /unless %>unless文です。条件分岐をします。条件が偽の場合にブロック内(ifタグで囲まれた中)のHTMLを表示します。
<% if:条件 %>〜<% else %>〜<% /if %>else文です。条件分岐をします。unless文でも同様です。
<% loop:変数 %>〜<% /loop %>loop文です。loopの中ではloopの値に応じて複数回繰り返しがおこなわれます。
<% 変数 | 関数 %>変数を関数の種類に応じて整形します。
<% include:変数 %>ユーザーのカスタマイズが不可能な箇所です。2005年3月9日時点で記事コンテンツ の一部にincludeタグが使用されています。
<%- または -%>[-]を使用すると直前直後の改行コードが削除されます。


2. 変数について
変数には変数そのものが展開されるものと、ドット(.)をつないで展開されるものの二種類があります。

通常の変数<% page_name %>
オブジェクト型変数<% blog.title %>

各ページ、あるいはコンテンツにて利用できない変数があります。
以下のオブジェクトは全てのHTMLを通して利用可能です。

blogブログ情報
site_infoSeesaaブログサイト情報


3. 代表的な変数一覧(オブジェクト型)
blog.nameホスト名
blog.titleブログ名
blog.descriptionブログ説明
blog.page_urlブログURL
blog.keywordsブログキーワード
blog.nicknameブログニックネーム

article.subjectタイトル
article.body本文
article.body_continue_text追記文のつなぎ文言
article.body_more追記文
article.first_body追記文言を含む本文
article.entire_body本文と追記文をあわせたもの
article.excerpt概要
article.disp_flag公開非公開フラグ
article.accept_tbトラックバック受付フラグ
article.accept_commentコメント受付フラグ
article.topicsキーワード(アフィリエイト)
article.createstamp投稿日時
article.children_countコメント数
article.tr_countトラックバック数
article.nickname投稿者名
article.tr_urlトラックバックURL
article.page_url記事ページURL
article.categorycategoryオブジェクトを取得

archive.createstamp日付
archive.article_count記事数
archive.prev前月のarchiveオブジェクトを取得
archive.next翌月のarchiveオブジェクトを取得
archive.page_url過去ログのURL

category.nameカテゴリ名
category.article_count記事数
category.page_urlカテゴリのURL

site_info.blog_urlSeesaaブログのURL
site_info.site_urlSeesaaブログのURL


4. 代表的な関数
clickablehttp://で始まる文字列があった場合にその文字列をHTMLリンクにします。
comma1000 -> 1,000
date_format日付文字列を指定フォーマットで表示します。
例 <% article.createstamp | data_format(%Y/%m) %>
htmlHTMLエスケープ
nl2br改行コードを<br>に変換します。
ns2sp改行コードをスペースに変換します。
oneline改行コードを抜いて一行にします。
shorten指定byte以降を表示しません。
tag_breakb,i,img,aタグを許可し、その他のHTMLタグを抜きます。
tag_stripHTMLタグを全て抜きます。
text_summaryHTMLタグを有効にした上でテキスト部分を指定byte以降を表示しないようにします。
例 <% foo | text_summary(100) %>
__or__真偽判断をし、それ以前の評価が偽の場合、それ以降の関数を実行します。
__and__真偽判断をし、それ以前の評価が真の場合、それ以降の関数を実行します。


5. ページの切り分けについて
ページの切り分けはpage_nameで制御が可能です。2005年3月9日時点でページは次の6種類です。

index
article
archive
category
comment
search

使用例: <% if:page_name eq 'index' %>トップページにだけ表示したいHTML<% /if %>


6. 日付について
日付はdate_format関数にフォーマット文を与えて整形します。

<% article.createstamp | date_format("%Y年%m月") %>2005年03月
<% article.createstamp | date_format("%Y/%m") %>2005/03
<% article.createstamp | date_format("%Y/%m/%d") %>2005/03/09
<% article.createstamp | date_format("%Y/%m/%d %a") %>2005/03/09 Wed


7. 関数について
関数は数珠繋ぎで利用することができます。

使用例:
<% foo | tag_break | shorten(100) | nl2br %>

fooの値からHTMLタグを取り除き、テキストサイズを100byteに切り詰めて、改行コードをタグに変換しています。

お疲れさまでした。
参考になりましたらソーシャルメディアで共有してくださいませ。
posted by こさめ
edit  re

■ この記事へのトラックバック
カテゴリ
インターネット>ブラウザ・WEBメール(24)
インターネット>Firefoxアドオン、設定(15)
インターネット>Proxomitronフィルター(32)
インターネット>ブログ、WEBサービス(53)
インターネット>アフィリエイト・ポイントサイト(27)
インターネット>楽天、ポイントあれこれ(5)
インターネット>Windows最適設定(32)
インターネット>インターネット設定(17)
インターネット>デスクトップ改造・拡張(7)
インターネット>セキュリティソフト(6)
ブログカスタマイズ>カテゴリー、記事一覧系(38)
ブログカスタマイズ>jQuery(Script)文字系(23)
ブログカスタマイズ>CSS(Script)デザイン(28)
ブログカスタマイズ>ブログパーツ(7)
ブログカスタマイズ>携帯モバイル系(3)
ブログカスタマイズ>SEO・アクセスアップ(31)
マルチメディア>Brackets(5)
マルチメディア>画像系ソフト(6)
マルチメディア>DVD・動画プレイヤー(15)
マルチメディア>動画編集ソフト(6)
マルチメディア>音楽再生プレイヤー(16)
マルチメディア>ネットラジオ配信・編集(3)
マルチメディア>P2Pテレビソフト(4)
マルチメディア>おもしろ動画・感動動画(25)
デザイン>フリー素材 画像(5)
デザイン>HP・ブログ フリー素材(6)
デザイン>イラスト(非素材)(8)
デザイン>作詞作曲編曲MP3(5)
雑記>PC部品・音楽機材(7)
雑記>映画・アニメ・漫画・芸能(14)
雑記>どうでもいい雑学知識(6)
雑記>ゲーム(6)
雑記>スマホ・携帯電話(6)
雑記>カーナビ・ETC(3)
雑記>ネット銀行とか(2)
雑記>18禁?ちょいエロネタ(3)

 (C) 2006 - kosame All rights.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。